2005年08月01日

彼らが、何をしたって言うの?

 8月に入って、今書こうと思ったのは、これだった。
まず、この画像を見て欲しいんだ。

イランで10代の同性愛メ二人が絞首刑に.jpg



なんだと思った?

イランで10代の同性愛者二人が絞首刑に
2005/07/30 16:27

今週、身元不明のイラン人である10代の少年の同性愛者2人が同性愛の罪で国内にて絞首刑を受けていたことが判明した。
ロンドン・タイムスによると、少年たちはイラン東北部のマシャード市の中心にあるエドラット(裁判所)にて処罰を受けた。イランではイスラム教のシャリア法を採用しており、同性間における性交行為は死刑罪に当たる。

両少年は名前の頭文字だけ(MAとAM)が公表され、1人は18歳で、相手は18歳以下であった。
2人は同性同士での性交行為を認めたが、性的行為をしたことのある大多数の少年たちは同性愛が死刑罪に当たるということに気づいてすらいないとして告発された。
ロンドン・タイムスによると、10代の少年たちは14ヶ月にわたって刑務所に監置され、実刑の直前までに厳しく叩かれたという。

18歳以下の少年側の弁護士であったルホラー・ラザザダー氏は彼が刑罰を受けるには若すぎることに加え、裁判所側も彼の年齢について熟考すべきとの見解を示した。しかしながら、最高裁判所はテヘランにて彼を絞首刑にするとの判決を言い渡した。イランの法律下では、少女は9歳、少年は15歳になった段階で絞首刑の対象になる。

イギリスの人権団体アウトレイジ( Outrage! )によると、3人の他の少年が警察によって射殺されそうになったが、彼らは隠れ家に行き、見つかることはなかった。もし見つかれば、彼らは処刑になる可能性があった。


話題のネタ元は、歌川さん(All about JapanのGay関係を書いてる人)なんだけどね。

なんか悲しくてさ。彼らと俺らになんの違いも無いのに、宗教戒律の厳しいイスラムの国
に生まれたがために、死を強制されなきゃならないんなんて。

たぶん俺なんかよりずっと純粋に、真剣に愛し合っていたんだろうに、
なのにさ。。。
 
posted by katu at 21:51| バンコク ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ホモネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つい先日実家へ行った際父親が買ったらしき本をパラッと眺めてきました。仏教と神道と儒教にまつわる本。
日本って、外部から入ってきたものを独自のものに変化させるのが得意なんだって。
日本では悪人でも死んだら誰でも仏様になるとされているけれど、儒教では悪人は死んでも悪人だとされているらしい。だから首相の靖国参拝について文句言うのか〜と納得しました。
戒律・規律はたしかに必要だけど、生まれた時代や国によってここまで差があるのは複雑な心境です。
Posted by kakao at 2005年08月01日 23:50
●kaokaoさん

 宗教面で寛容度の高い国にいると忘れがちなんだけどね、
イスラムもキリスト教も原理主義的な傾向が強まっているのが実際なんだと。
改めて突き付けられるよ。

誰にも迷惑をかけていない者が、戒律のために死なねばならないのなら、
宗教ってなんのためにあるんだろ。。。
Posted by katu at 2005年08月02日 09:32
宗教というか、文化というか、その違いで、人の生死までもがこんなに違うんだって、本当に見せ付けられたような気がしました。

>誰にも迷惑をかけていない者が、戒律のために死なねばならないのなら、宗教ってなんのためにあるんだろ。。。

私もそう思う。
誰にも迷惑なんて掛けていないのに。死んで償わなければならない罪なんてそこにはないのに。
こんな国に生まれたからか、私は、宗教のこと、全然分からないけど、少し、勉強してみたくなった。


Posted by 向日葵 at 2005年08月04日 12:11
●向日葵ねー

 宇宙の広がりからすれば、ホンとにちっぽけなこの地球の薄皮の上。
数千km.の違いで、こんなにも分かたれてしまうなんてね。

キリスト教やイスラム教なんかの一神教は、そういう苛烈さを
内包してる気がする。多神教の仏教徒からすっとね。
Posted by katu at 2005年08月04日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5542004

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。