2005年04月16日

妄想百物語〜夜桜の頃〜

 なんか、一部Blogで妄想話が流行ってるみてーなんで(^o^)
ちょっち書いてみようかなと。

この話はあくまで、妄想の産物であることをご理解下さい。
同性愛・エロ話に嫌悪を抱く方には、オススメしません。

★R-15って感じかな。18禁までは言うまい。


 玄関先まで迎えに出てくれたものの、ヤツの顔にはまだ自分のした選択に
納得していない様子が影を落としていた。気付かぬフリをしながら、招かれざる客かも
しれない俺は、中へ入る。ヤツは、後からドアを閉めながらついてくる。

部屋に入った俺達だが、交わす言葉は無かった。上着を脱いで、ソファに抛る。
少し離れたとこで、ヤツは立ち尽くしていた。床に目を落として、何かを探すように。
俺は、黙ったままヤツに近づき、引き寄せながら、抱き締めた。

少し肉の落ちた身体が、俺の腕の中に収まる。どれだけ、この時を待ちわびたのだろう。
俺の腕の中で、ヤツの身体が小刻みな震えを俺に伝えてくる。
深く抱き締めながら、ヤツの頭をかき抱き肩口に押し付ける。と、堰を切ったかのように、
ヤツの口から嗚咽が漏れる。

また、泣かせちまった。これで何度目だろう。いつも俺のせいで、泣くのはヤツの方だ。
抱き締めたまま、ゆっくりとソファに腰を下ろす。ヤツは俺の首に腕を回し、胸に顔を
埋めてすすり泣いている。俺にしてやれることは何もない。ただ、ゆっくりと
頭を撫でてやるだけだ。

どれほどそうして過ごしていたのか、ヤツがふと顔を上げた。涙に濡れた瞳で、
俺を見つめる。俺の中で何かが切れるような音が。。。
気付いた時には、俺はもうヤツの唇を貪り、その口腔に自分の唾液を流しこんでいた。
初めこそ腕を張り、舌を奥に潜めさせていたヤツは、何かを振り切るかのように
逆に、俺の舌を捉え、軽い痛みが走るほど吸い付いてきた。

もう俺達に、言葉なんてものは必要は無かった。

互いの舌を絡め合いながら、ヤツの身体を徐々にソファに倒していく。
シャツの裾から入れた手が、すぐにヤツの身体をまさぐる。ずっと待ち侘びた身体がそこにあった。
ヤツも同様だろう、服の上から俺の身体を確かめるかのように手を動かしている。
俺の指先が、ヤツの乳首を探り当てる。何かを期待するかのようなそれは、すでにツンと
したそぶりを俺に示していた。シャツを剥ぎ取ると、俺はその乳首にしゃぶりついた。
舐め、転がすと、とたんにヤツの口から、溜息に似た声が上がる。

両の乳首を何度か舐め終わる頃には、やつの声は喘ぎに変わっていた。
そのまま、バンザイさせるかのように腕を上げさせると、わき腹から舐め上げた舌を
腋毛の中にまで届かせる。ヤツの声がひときわ高くなったようだ。
俺の責めに反応するヤツを感じると、なんとも言えないモノが身体に満ちてくるようだ。

脇、乳首を責めながら、フイにその矛先を首筋に移す。目をつぶっていたので予期して
いなかったのだろう、
 『あんっ』
という艶かしい喘ぎがヤツの口から零れる。
首筋から肩、そして耳へと舐め上げる頃には、ヤツの身体はすっかり上気していた。

空いた手を、ヤツの下半身に回す。ヤツのモノは既にはちきれんばかりに漲っていた。
片手で、徐々にヤツから全てを剥ぎ取っていく。
残ったビキニの下着を下ろす時、強張り切ったヤツのモノがブルっと弾ける。

『恥ずかしいよ〜。』
俺の下で、独り丸裸になったヤツがつぶやく。
ソファの傍らに立ち上がった俺は、自分の服を脱いでいく。目の下には、
ヤツが全てを晒して横たわっていた。頭から爪先まで、舐め回すかのように見つめてやった。
恥ずかしがりながらも、ヤツがそうされたいと望んでいたのは、知っていたから。

ヤツの前に立つと、身をおこし、俺のモノをしずかに握ってくる。
そして、ゆっくりと口に含んでいく。俺の眼下で、ヤツの頭が前後している。
奥まで含んだまま、ヤツが上目遣いに俺を見る。微笑みながら俺は、ヤツの頭に手を添え、
喉奥まで沈めにかかる。くぐもった音をたてつつ、ヤツは俺のモノを飲み込む。
そのまま徐々に腰を揺らせ、ヤツの口を犯していく。いいぜ、なかなかの口マンだ。

たっぷりとしゃぶらせたら、まだ咥え足りなそうなヤツを見下ろしながら、
ゆっくりと引き抜いていく。口から離れる瞬間、唾液とも先走りともつかぬ糸が、
ヤツの口と俺のモノとの間に橋をかける。

もう一度ヤツをソファに寝かせると、今度は俺がヤツの股間に顔を伏せる。
先走りに濡れたヤツのものを尻目に、その周りからゆっくりとケツ穴に舌を進ませる。
そこは誘うかのようにヒクつきながら、俺の愛撫を待ち侘びていた。
戸渡りから穴の回りを舐めていく。ヤツの口からは、もう喘ぎ声が止まらない。
ゆっくりと窪みの中心に舌を差し込んでいく。高まるヤツの声が、感度の良さを物語る。

くすぐりながら、ヤツの穴を俺の舌がついばむ。じっくりと湿ったそこに、ゆっくりと
指を沈めていく。粘膜が俺の指にまとわりつき、更に奥に誘うかのようだ。
徐々に指を増やしながら、前立腺や直腸奥の感じる点を探っていく。

俺の責めに喘ぎながら、ヤツが身を起し何かを訴えかけるそぶりをする。
 『もう、もう。 ねえ。。。』
聞こえぬフリで、更にケツを責めていると、今度は俺のモノを掴んで、
 『これで。。。 早く』

 『何だ?どーしたいのか、ちゃんと言わないと分からないぜ』
 『これを。。。分かってるくせに』
 『分かんない、言えよ!』
 『。。。。入れて』(小声で)
 『聞こえねーぞ、何だ?』
 『。。ケツに、早く』
 『ケツに?何だ?』
 『意地悪だーっ!! もう入れて欲しいんだよっ!』

ちゃんとオネダリはさせないとな。
自分でモノを握り、先端をヤツのヒクつく穴に当てる。軽く広がったケツ穴が亀頭に纏わる。
 『早く、奥に』
 『自分でケツふって、飲み込んでみろよ』
 『そんなっ。。。恥ずかしいよ〜』
ヤツがもう待てないのは、俺が一番よく分かっていた。ヤツは徐々に腰を動かしながら、
ケツに俺のモノを収めていった。

やっと一つになった。その喜びは、普段感じないほどの快感を俺に与えていた。
じっくり味わう余裕どころか、すぐにもスパートをしたくなる誘惑に必死に
耐えるのが精一杯だった。そんな俺をはるかに追い越して、ヤツは高まっていたようだ。
 『気持ちいい、ダメだ、なんか漏れちゃう』
数度の抽送で、もうヤツは充分だったようだ。
 『ダメだ、漏れる!』
ヤツの先から白いものが垂れる。トコロテンしやがった。
荒い息をおさえながら、ヤツは、
 『もう出ちゃったじゃないかー、まだイってないんでしょ?たっぷり責めてもらうからね』

┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
長い夜は、まだまだ続くようだった。

posted by katu at 15:44| バンコク ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ホモネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よいなあ。。
katuさんは、きっと女性でも気持ちよくさせてくれる
ような気がするよ。
その気がないのが残念!
先週、今年はじめて(!)のエッチをしたんだけど。。
緊張と時間不足のため、わたしのみ逝けず(号泣)
kissは、とろけたよ〜

次回に期待しよ〜
Posted by かほ at 2005年04月16日 18:46
>かほさん、いらっしゃい。
 よいすか〜?(^_^?)ハテ? ありがとうです。
でも女性相手だと、全く違ってたりして。。。

>先週、今年はじめて(!)のエッチをしたんだけど。。

 おっ、やった。2005年姫初めっすね。(笑
そっかイケなかったんだ、でも蕩けるキスできたんだ。
緊張しちゃうと、ばかばかイケないよね。
早いうちに、リ・マッチを。
Posted by katu at 2005年04月16日 20:36
エロエントリー来たーっばんざ〜い \(^o^)/

こういう妄想でお抜き遊ばしてるのでしょうか。
アレコレいろいろ想像中・・・(;゜∀゜)=3ムッハー!!!
Posted by kaokao at 2005年04月16日 21:19
( ̄σ・ ̄)ホジホジ…



なんだか
あてられた気分w



さて…
わしも頑張って
ほじくってもらおうかのぉ



( ̄σ・ ̄)ホジホジ
Posted by そのか at 2005年04月16日 22:45
こんばんわ。

ひぇ〜〜〜、妄想合戦!
妄想できることが羨ましいっす。

かほさんに続け!と気合を入れました!!!
Posted by ひろべー at 2005年04月17日 00:57
みなさん、こ〜いうネタへの喰い付きは、早いっすねー!!(^o^)

>kaokaoさん
 喜んでるし(落
妄想ではあんま抜きません。

>そのか姐
 鼻くそホジッてんじゃねー!(-"-)
で、いつほじって貰えそうなの?(∂‐∂)フフ

>ひろべーさん
 合戦って。。。(@_@)
気合入れて、( * ・。)ノ◇""ガンバレ~~~
って、何が? 
Posted by katu at 2005年04月17日 07:12
初めまして。
すてきな妄想をありがとうございます。ふふ。
また読ませてくださいな。


Posted by 妙子 at 2005年04月17日 09:37
>妙子さん、いらっしゃい。初めてかな?

>すてきな妄想をありがとうございます。ふふ。

 う〜ん、妄想にステキって。。。Σ(^o^;)
俺のは、『濃い』って話もあるからな〜。
Posted by katu at 2005年04月17日 19:26
ボーリング工事の最中にMailでもするょ
( ̄σ・ ̄)ボジホジ






待っててちょ
( ̄▽ ̄)σ・.ピンッ
Posted by そのか at 2005年04月20日 05:54
>そのか姐さん、早起きやね〜。

>ボーリング工事の最中にMailでもするょ

 最中ってことは、ハ○撮りですかい!!
;-ロ-)!!
待ってても、よろしーので?Σ(δ-δ;)゛
Posted by katu at 2005年04月20日 09:04
弁当やら
洗濯やら
…Etc.


しなきゃならないもの


早寝早グソ
あたりめぇょ
Posted by そのか at 2005年04月21日 07:05
そのか姐さん

>…Etc

 やら・・・他に朝から何を〜〜〜〜?(ヒョ
まさか・・・・Σ(^o^;) アッ

クソくれーゆっくりしろよ。
Posted by katu at 2005年04月21日 15:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2992331

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。