2008年11月30日

どうするんだい!? タイの皆さん。


首相府に爆弾、50人負傷=ドンムアン空港では2人けが−タイ

 【バンコク30日時事】タイの反タクシン元首相派の市民団体「民主主義市民連合」が占拠する首相府に30日未明、爆弾が撃ち込まれ、50人以上が負傷した。その後、市民連合が占拠を続けるバンコクのドンムアン空港旅客ターミナル入り口付近で爆弾が爆発し、通行人2人が負傷。タクシン派のソムチャイ政権連立与党の1つ、タイ国民党の本部駐車場では不発の爆弾が見つかった。タクシン派と反タクシン派の双方が、爆弾事件をエスカレートさせているとみられる

 首相府では同日午前零時(日本時間同2時)ごろ、爆弾事件が発生した。市民連合の支援者はその後も首相府にとどまった。首相府とその周辺では爆弾事件が頻発し、20日と22日には死者も出ていた。

 30日未明には、市民連合系の衛星テレビ局付近で爆弾が2回さく裂し、銃声が続いたが、けが人はなかった。
 


インドのテロ発生により、2番手以下のNEWSネタに格下げされているが、
占拠を続けるPDA(民主主義市民連合)と政府・与党との争いが混迷を深めている。

スワナプーミ・ドンムアンの両空港を占拠するという手段に出て、
膠着状態からの脱却を狙ったPDAだが、これは諸刃の剣。
ただでさえ悪化している景気を、観光シーズン真っ只中に空港閉鎖したら、
観光産業には大打撃、生産業へ投資する外資もストップがかかる。

ソムチャイ政権は、非常事態を宣言したものの、軍の動きは鈍く、
警察も流血を恐れて、手出ししにくい。

国王の意を汲むと言われる軍も、『またの』クーデターには
そうそう踏み切れまい。

てなことで、三すくみなタイの現状。

でもな〜、タクシンは俺も嫌いなんだけど、
総選挙やっても、たぶん勝っちゃうんだよ、またタクシン派が。

憲法裁判所が、現与党の選挙違反問題の結論を
12/2に早めて発表するって話もあるし、その辺で上手く
収められればいいんだけど。

与党の解党・違反議員の公民権停止ってことになると、
今度はタクシン派が占拠なんてことも。。。
 
 そうなんだよね。
こんなに長引くとは当初思ってなかったんだけど。
ここまでくると、重要なのは、

12/5 国王誕生日

政府もPDAもどっちもその前に決着を付けたいはず。
この日に騒乱なんてことになったら、国民にそっぽ向かれるからね。
つーか、動員も効かないだろ〜し。

早いトコ、収まって欲しいもんだけど。
まだまだ民主主義の定着には時間がかかりそうだ。

posted by katu at 19:25| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。